新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 言い換えの妙  正確に使用してほしいのですが  No2246 | トップページ | 石鹸 そこには泡と消えるものではなく 深く溶け込んだわけが。。 No2248 »

2017年6月16日 (金)

報道の自由って ほんとうの意味は違いところに  No2247

 日本って 報道の自由度では世界で72位らしい。

かなり低い位置に位置している。昨日成立した所謂「共謀罪」に関する件で

国連よりの意見も出されていた。曰く「報道機関が萎縮する」と言うもので

あった。

 

 ところで 日本って世界一の新聞大国って知っていますか??

実は 世界トップ10に入る「全国紙」が複数乱立しているのである。他国で

は 社会主義国の機関紙「プラウダ」や「人民日報」といったものがそれに

類する発行数を誇るが ワシントン・ポストやニューヨークタイムズなども

それほど多くの部数を発行していない。

 つまり日本の新聞社は 世界一金持の巨大機関なのである。

 さぞかし 権力を監視しその不正を暴くために日夜記事を書いているので

あろうと思われるのだが。

しかし 日本に限って言うと本来権力を監視しべきマスコミの代表格である

はずの新聞がその力を行使しているかというと実はほとんどしていないそう

だ。ところが2010年以降 マスコミが暴いた不祥事で辞任した閣僚は7名も

いて そのうち5名はマスコミの報道で窮地のきっかけを得ている。そう み

なさんお気づきであろうがそれは新聞ではなく週刊誌「文春」「新潮」等なの

である。

 つまり 「共謀罪」成立を批判する新聞各紙は実はそれが成立する以前から

その手の記事を書けないのでいるのである。 書くのは週刊誌がスッパ抜いた

後の後追い記事ばかり、これでは「共謀罪」を批判する権利すらあるとは思え

ない。

 それを痛切に批判する記事が出ていた(やはり週刊誌系の記事である)

 

 「共謀罪で報道萎縮」は大ウソ、文春砲に勝てない新聞の泣き言だ

この記事曰く

 

 ジャーナリストがバンバン処刑されるような国でなければ、「報道の自由」

 はむしろ権力側ではなく、報道をする側の覚悟や姿勢の問題なのだ。

 

 としていて 日本の報道の自由が低い評価なのは権力側の問題では無くて

マスコミ(特に新聞・テレビ)側の覚悟・姿勢が足りないと断罪している。

 

今回の「加計問題」では 規制緩和(岩盤規制)に風穴を開けると言う思惑

が政権側に有ったことは確かである。それは批判する側も認めていよう。

 (問題はそのプロセスだと言うのが衆目の一致するところであろう)

その中で文科省が鑑定より圧力を受けた等が問題になるのだが新聞・テレビ

の取材源は所謂「記者クラブ」よりのニュースソースが主になる。ところが

この記者クラブというのがある意味既得権益化し、その他のマスコミを排除

し一部の大新聞・大テレビが報道の利益すら調整してしまう談合組織化して

いると言うのである。

 先般小生は この問題で「京都産業大学」のコメント等が報道されていな

いのはなぜか??と疑問を呈したが、この記事によると

 

 日本獣医師会」や、麻生副総理ら文教族が名を連ねる「日本獣医師連盟」

 に対して切り込まない

 

 と指摘している。しかもこの「記者クラブ」について廃止論議は有るが、

それを反対するのは 大新聞・大テレビだそうで

 

 「記者クラブがないと、どこの馬の骨かわからないのが取材現場を

  めちゃくちゃにしてジャーナリズムの質が落ちる」

と主張してきたのだそうだ。これって どこかの省庁談合等が話題になった

際の弁明とまるで同じである。

 こんな ジャーナリズムで報道の自由渡が上がるとは到底思えない。

マスコミ(大新聞・大テレビ)は猛省する必要がある。

 

 そう言えば先週のサンデーモーニングで 若者に安倍政権支持が増えて

いると言う報道が有った。街角でのインタビューを流した後 スタジオの

コメンテーターが言った事

 

 関口宏「若い人か…安定を望まずに変化を求めろ!」

 大宅映子「若い人は自分の利益ばかり!」

 姜尚中「若者は想像力が働かない!瞬間風速しかみてない!」

 大崎麻子「若い人は広い視野で政治を見ろ!」

おいおい 大衆の意見を代弁するのがマスコミの使命でも有るはずですよね

そんな上から目線で 自分たちの意見が正しいと言わんばかりの姿勢では最

後に見捨てられるのはご自身ですよ!!。

 (確か 安保法案の際のシールズの活動は絶賛していたような??)

マスコミが大衆の意見に異を唱えだしたら終わりでしょう!!

« 言い換えの妙  正確に使用してほしいのですが  No2246 | トップページ | 石鹸 そこには泡と消えるものではなく 深く溶け込んだわけが。。 No2248 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道の自由って ほんとうの意味は違いところに  No2247:

« 言い換えの妙  正確に使用してほしいのですが  No2246 | トップページ | 石鹸 そこには泡と消えるものではなく 深く溶け込んだわけが。。 No2248 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK