新ブログです

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 世にも恐ろしいドアのお話    No2284 | トップページ | 支持する の後に **を支持する と有ったらどうなるのだろう No2286 »

2017年7月24日 (月)

流石にこの光景は余り見ないらしい。  中国にて   No2285

 かの中国を愛する日本ペンクラブ会長 浅田次郎先生はかつてエッセイに

こう書いておられた。

  

 「北京に到着した第一夜の晩餐は前門の全聚徳と決めている。」

  言わずと知れた北京ダックの元祖、全聚徳烤鴨店である。

     中略

  世界一うまい食べ物である。無論個人的採点であるけれども、一度でも

  これを食べた人は、たぶん同じことを言うと思う。

 

中華料理の名物料理でも有る 北京ダック

 

  炉(窯)の中でパリパリに焼いたアヒルの皮を削ぎ切りにし、小麦粉を

  焼いて作った「薄餅」(báobĭng、バオビン)または「荷葉餅」(ホーイ

  エビン、héyèbĭng)と呼ばれる皮に、ネギ、キュウリや甜麺醤と共に包ん

  で食べる料理である。

 

とウィキペディアには有る。

  

 まあ 「北京」とついているのだから 首都北京付近の料理であろう。小生が

先週も行っていた広東省とはかなりその料理は異なるがそれでも北京ダック

を出す店も多い。ただし、小生的には今まで浅田先生が書くほどの味のもの

にお目にかかったことがないのが残念である。

 一度でいいから その北京ダック食べてみたい。

 

 さて 今や中国都市の中では 道路もきれいになり自動車で走っていてもここ

がどこなのかわからないほどのところもある。小生が通る経路で言えばシンセン

市の中心部などでは まさにそうなのであるが、工場の有る少し内陸に行くと少

し様相が異なり 道路はきれいだが走行している車が汚いというのにお目にかか

る。一つは 建設関係のトラック等の走行量とかにもよるようだ(それでも以前

よりかなりマシになっている。シンセン市内では乗用車の数が圧倒的に多くそれ

が目立たないあのかも知れない)。

 

 金曜日はシンセン市の取引先に向かうための車で移動していたのだが、運転し

ている人が急に

 「あれ!!  アレ!!」

と指差した。

Img_0021

 前方にはトランクに収まりきれないのか 紐でトランクをくくった乗用車が

走行している。

 しかし、よく見るとそのトランクからはみ出したものが動いている??

 

 運転手に頼み 並走してもらって取った写真がこれ

Img_0022

 そう アヒルである。アヒルがトランクから顔を出しているのである。

残念ながら撮影できなかったが 実は後部座席にも多量のアヒルがご乗車され

ていて 口を盛んに動かされていた。

 車中はたいへん騒がしいと思う。後部座席のアヒルの合唱は凄まじかろう。

 

 流石にこの光景は 滅多にお目にかかれないとも聞いた。

 

 あれから3日経った 今頃あのアヒルたちどうしているのであろうか??

車は シンセン市方面に走行していたのでシンセン市内の高級烤鴨店で哀れ

パリパリに焼かれて 観光客が舌鼓をうっているのだろうか??

 

 あの乗用車の運転手は 「アヒルの合唱に合掌」しているのだろうか??

 

そんなことをふと思うこやじである。

 一度でいいから 浅田先生が言う うまい北京ダック食べてみたい。

 

« 世にも恐ろしいドアのお話    No2284 | トップページ | 支持する の後に **を支持する と有ったらどうなるのだろう No2286 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流石にこの光景は余り見ないらしい。  中国にて   No2285:

« 世にも恐ろしいドアのお話    No2284 | トップページ | 支持する の後に **を支持する と有ったらどうなるのだろう No2286 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK