新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 悲しい告白です。  やっちまった  No2309 | トップページ | 批判はどんなものにでも 気にしていたら何もデキん 牛乳石鹸CM No2311 »

2017年8月18日 (金)

そうか 最大の問題点は充電か EV車のために発電所建設?  No2310

 フランスが2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売禁止に、イギリス

も追随する旨 発表した。アメリカでもテスラがテスラ3を300万台で販売

始めている。世界中で EV車シフトが起こっているように見える。この中で

どうも日本メーカーは 純粋EV車に注力する様子がない。

  Snapcrab_noname_2017817_172627_no00

先般の トヨターマツダの資本提携ではマツダの持つ 世界初の圧縮着火を

実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」がキーになっているようで未だに

ガソリンをエネルギーとする内燃機関にこだわっている感もあるし、もともと

トヨタは HV・PHV指向が強くエネルギー源はガソリンとするこだわりが

有るようにみえる。

 日産はかなり以前から リーフを発売しEV指向があるようにも見えるが

ノートで実績を上げた Eパワーはガソリンがエネルギー源である。つまり

両睨みの体制だが日産自身が半分ヨーロッパの会社なので。。。。。。。

 

 それらを「外国に遅れている」と指摘する元官僚の人もいるくらいだが。。

 

 EV車が果たして 2040年(つまり23年後)に世界の主流になるの

だろうか???

 

 その点について 興味深い記事が出ていた。

 

   EVの最大の問題はバッテリーじゃない

 

 この記事によると EV車普及の最大の障害は 「充電」であるとしている。

大容量のバッテリー開発等の今言われている問題が技術革新がなんとかするかも

しれない。しかし それがなされ得ても残されているのがEV車は「充電」しな

ければならないという宿命を持つ。実は大容量かがされればされるほど「充電」

問題が大きくなる。実に厄介なのだ。

 

 実際いま販売されている日産「リーフ」はかなり大きなバッテリーを搭載して

いて 夜間に充電すれば 昼自動車としてではなく電源として一般家庭の電力を

ある程度賄える(そういうCMも一時期流していた)

 

 問題は その容量を充電しようとするとかなりの電力を消費するという点だ。

家庭用の機器で容量が大きいものにドライヤーがあるが それで1000W(10A)

である、通常家庭用の電源契約はMAX60A程度である。当然冷蔵庫やエアコンと

いう常時稼働しているものがありおそらく夜間と言えども充電にさけるのは最大

30A程度であろう。それでもリーフは12時間以上フル充電するのに掛かる。

 

 ここまではミクロな問題 記事ではその先マクロな問題が大きいとしている。

 

 

 日本の全自動車の約半分がEV車になるとしても4000万台だそうだ。

1台あたりの年間平均走行距離を5000kmと 1充電で250Km走れる

として年間20回の充電が必要なので

 

   40000万台×20回=8億回

 

の充電が全国で行われる。

一回の充電で30KWh(現在のリーフの容量)行うものとすると

 

 8億回×30=240億KWh

 

の年間充電量である。

 少し古いが平成23年度の日本全国の自家発電電力量は2504億2421万kWhと

あった。ということは EV車だけでその約10%程度の電力を消費することに

なる。

 

 これはとんでもない数字で 今から新型の火力発電所を数か所専用に建設す

るか 原発を例えば柏崎をすべて稼働と言うようなことする必要があると言う

ことになる。(現状 夏場の余剰電力は少ない会社だと数%程度である)

 

 原発を動かすことはまず無理であろうと言う観点で言うと 全国でこれから

20年で10%電力消費を減らすか 発電量を上げるか??の選択になる。

 (大きな発電所を建設するには 最低でも5年以上 通常10年以上必要)

 しかも 上記計算は充電を24時間で平均化している。実際には夜間に充電と

言うのが一般的であるから 充電に必要な電力は瞬間的には上記よりかなり

大きくなるであろう そうなると今とは逆に夜間EV車の充電で電力の消費が増

えるために 電気料金は 夜間割増になる なんていう現象が起こるかも??

 

 実際 現在夏場の電力需要を賄うために夜間電力を利用し水を上の池に上げ

昼間それを落とすことで発電する揚水式発電所が活躍しているが ポンプで水

を上げるための電力がEV車の充電に食われて出来ないなんてことも発生しか

ねない。  

 

 なんともはやなのである。

 

 どうもこう書いていて 日本の自動車メーカーはそれを見越しているのでは

という考えに至った。

 日本でEV車を普及させるためには 自動車会社が発電まで手がける必要が

有るのかもしれない。

 

 フランスは原発大国でドイツに売るくらい電力は豊富なのでEV車の普及に

障害が少ないのかもしれない。

 

 とにかく EV車の普及は まだまだ解决していかなければ行けない問題が

沢山有るのだ。

 しかし、テレビ等でこの手の報道は未だ見かけないが どうしてだろうか?

« 悲しい告白です。  やっちまった  No2309 | トップページ | 批判はどんなものにでも 気にしていたら何もデキん 牛乳石鹸CM No2311 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 悲しい告白です。  やっちまった  No2309 | トップページ | 批判はどんなものにでも 気にしていたら何もデキん 牛乳石鹸CM No2311 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK