新ブログです

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« ここまで続くと  呪われているのは自身だと。。No2258 | トップページ | 水没    No2260 »

2017年10月 8日 (日)

丸三十年が経過してこれからどこへ向かうのであろうか? No2259

 出張を終え帰阪したばかりだが 本日早朝より 三重県鈴鹿サーキットへ

 F1日本グランプリの決勝の観戦である。

 Snapcrab_noname_2017107_221450_no00  

鈴鹿サーキットで毎年行われるようになったのが1987年からであり丸30年

と言事になる(途中2年間は 富士スピードウエイでの開催だったが)

 

今年自動車の世界は大きく変わろうとしている。一つはフランス・イギリス

そして中国が追いかけようとしている 「内縁機関車の廃止」である。

もう一つは「カーシェアリングの動き」になろうか??

   

これらが連動して動いていき これから30年で世界の自動車は大きく変化

するのであろう。逆に言えば今までの30年間は大きな変化が無かったのか

も知れない。

  

すでに大手自動車メーカーでもヨーロッパ系をメインにしてEV車への注力

が顕著になっており おそらく後数年でF1のような内燃機関を用いるレース

がフォーミュラーEのようなEV車のレースへと変わらざるをえないような

果たしてそれを見に行くかというと?????

 音のしない車が走るのであればテレビで十分である。というのが小生の考

えであるが。

 

 おそらくこれから先の自動車は 所有するものから あくまでも移動する為

の手段と割り切った形になり 「マイカー」が無くなっていくのではと言うのが

小生の見立てであるが、其の場合世界の自動車メーカーは今の3割位に減

るような気もする。

 一部 マニアの支持するガソリン車が存在するだろうが其の所有には多額

の税金等が課せられよう。。。。。。。。。。。。。。

 嫌な世界だが 今の動きからはそうなるような気がして。

 後何年 鈴鹿でのF1があるのかどうか全く不透明である。いつまで見れ

るのか??・

 

 これからは 今年が最後 と言うつもりで見る必要があるかもしれない。

 それでは 観戦に行ってきます。

« ここまで続くと  呪われているのは自身だと。。No2258 | トップページ | 水没    No2260 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸三十年が経過してこれからどこへ向かうのであろうか? No2259:

« ここまで続くと  呪われているのは自身だと。。No2258 | トップページ | 水没    No2260 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK