新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« さて帰国便は? 香港エクスプレス  No2300 | トップページ | これは意外??  関西空港就航便ランキング  No2302 »

2017年11月20日 (月)

香港エクスプレス余談  エアチケットの姓と名が入れ替わった No2301

ご訪問ありがとうございます。新ブログでお読み下さい。

 

 香港エクスプレス余談  エアチケットの姓と名が入れ替わった No2301  

 

 

 

 

 昨日までの往復 香港エクスプレス利用の中国出張には 余談が有る。

 

実は小生 香港エクスプレスのWEBサイトで予約したのだが、どうもその際

自身の名前の 「姓」と「名」を入れ替えて入力したらしい。

 WEBサイトの入力ページはこんなようなものである。

Screenshot20171119_detail

    (昨日の段階で11/30出発12/2帰国で¥26,060-である

      手荷物等なし 座席も通常のものだが)

確かに 敬称の後は「名」「姓」 の順で入力するようになっているがここで

いつものように「姓」「名」と入力したと思われる。

 

 今回の場合 出発の当日(11/16)早朝に気がついた。スマホでオンラン

チェックインしようとしてわかったのである。

 色々調べると(後で説明するが) その場合最悪乗れないとの記載がある。

香港エクスプレスのWEBペーシでは その場合訂正が必要 料金が掛かる事

と電話で依頼する事ができるとの記載があり 日本のカスタマーセンターに

業務開始の午前9時に電話したのだが。。。。。。

(料金の話は少しゴネればとも考えていた

 因みに変更料は350HKD 5千円!程度 実は10年以上前にキャセイで同じ

 ようなことがありチェックインカウンターでお金を取られた記憶がある)

 

 日本の番号だったが 電話に出たのは若い男性で日本語は片言に毛が生えた

レベルである。一応「姓」と「名」が入れ替わった旨伝えたが 最初の回答は

 

 「大丈夫です 問題ありません」

 

との驚くべき回答。貴社のHPにも変更が必要と書いてあると告げると、

 

 「では 変更をこちらから本社にいらしいますが 間に合うかどうか?」

 

とのけったいな回答。大丈夫かいなと思いながら 時間もなくそれで依頼した。

不思議なことに 料金の件は何も言われなかった。

 

空港のチェックインカウンターで揉めるかも?と 少し早めに空港に向かった。

 空港のカウンターでチェックイン時にその旨言うと 案の定システム上では

名前の修正は行われていなかった。

 窓口のスタッフはANA系の職員のようだ。一応名前の修正を行うと料金が

掛かることを言われたので

 

 「イヤー ちゃんと入力したと思うのだけど・・・・・」

 

と粘って見た。

 

 「少し待ちください」

 

と 上司らしき男性スタッフに聞いている その答えはなんと!!

 

 「大丈夫 そのままでOKだから!!」

 

でそのまま 搭乗券を発券して頂いた。確認で 帰国便も大丈夫か?と

確認したが

 

  「大丈夫です」

 

との答え。

 オンラインチェックインもそのまま行えばいいとの話である。そんな

不安を抱えた今回の出張であった。

 (どうやら目的地が香港であるからOKと言うようニュアンスが)

 

 まあ 今回はそれで 無事往復できたわけではありますが。

 

帰った後で調べてみると こういうケースは 相手国のお国柄等もあり運次第

らしいというのがWEB上の通説である

 

  YAHOO知恵袋 海外航空券の予約を姓名逆でしてしまいました

 

上記の回答などが参考になりそうだが 他のWEBの記事でもそうなのだが入国

出来ないことが有る とは書かれているが 実際に入国できなかった人が果た

しているのだろうか???

航空券とパスポートの名前が一致している必要があるとは言うのは正論である

が 小生の記憶では 相手国に入国するのに乗ってきた飛行機の搭乗券を見せ

るところはないような????(出国の際は 見せる時がありますが)

 

 真相は どうなのでしょうか??

 一応 元航空会社空港勤務者に聞くと

 原則ルールは航空会社にその責任がありパスポートと搭乗券の一致はMUST

それを逸脱したものを搭乗させるとその責任も航空会社に課せられると言うのが

本当のところらしい。(強制送還も航空会社の責任で行う)

 只、入国審査の際にはパスポートと搭乗券の突き合わせは本來行わないので

現実的には飛行機に乗ってしまえばOKということではないだろうか??

 (何かトラブルが有ったときは 当然問題でしょうが)

 

何れにせよ そんなリスクを背負う必要はないので エアチケットを購入する際には

皆様もご注意を!!!

« さて帰国便は? 香港エクスプレス  No2300 | トップページ | これは意外??  関西空港就航便ランキング  No2302 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さて帰国便は? 香港エクスプレス  No2300 | トップページ | これは意外??  関西空港就航便ランキング  No2302 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK