新ブログです

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« なぜに飽きないのか ?? 世界にはでていかないのか? No2305 | トップページ | 小生よりは少し年下だったと記憶しています。 No2307 »

2017年11月25日 (土)

何故 企業不祥事が続くのか??  大企業の問題?  No2306

 今度は........

Screenshot20171124

 神戸製鋼 日産自動車 スバル そして今回は三菱マテリアルと日本名だたる

大企業のルール違反・不祥事が続いている。欧米では「JAPAN」ブランドが

失墜しているとも。マスコミ等では一体どうしたのだ!!  との指摘もあるが?

 

小生はこれらの問題は マスコミも含めて「大企業」故に発生していると考える。

 

小生は中小零細企業に身をおくものであるが、今まで大企業との取引において

それはおかしいのでは? ということをたくさん見てきた。大起業の汚さをであ

る。そしてそれはマスコミにまで波及しマスコミを含めた大企業同士がある意味

互助会のごとく 事実を隠蔽・問題のすり替えを行いあたかも自身には責任が無

いかの如く問題に対処してきた そのつけが一気に押し寄せてきている。これは

実は日本だけの問題ではない 例えば昨年のフォルクスワーゲンの不祥事も同様

である。

 

 まず最初に 物を作る製造業においては 通常企業間を製品が加工されながら

移動していく際には ルールが有る。

(例として各企業の規模は 大企業>材料メーカー>第一加工メーカーとする)

 

  材料メーカー    出荷検査を行い出荷

  第一加工メーカー 受入検査を行い入荷

              加工を行う

              出荷検査を行い出荷

  大企業のメーカー ※受入検査を行う

               加工を行う

             出荷検査を行い 一般市場へ

 

今の 大企業の問題は 日産が指摘されている無資格者が出荷検査をしたこと

ではなく 「※」をつけた受入検査を簡略化の名目のもと実質的にほぼ行わない

ことである。経営規模の観点から言えば 第一加工メーカーは規模も小さく人員

も限られている さらに検査する設備等の問題もあり材料メーカーの出荷検査の

証明を持って受入検査を行ったことにすることもあり得よう、だが現実にはそれ

を 規模の小さい第一加工メーカーから仕掛品等を受け入れる大企業も行うので

ある。その理由は 検査する人員がいないとか 設備がないとかではなく単純に

コスト低減の為である。

本来 自社が製造する製品が要求する部材の性能が守られているかをきちんと

受入検査を行いDATAを取れば たとえ納入する側がDATAを偽装してもそれを

見破ることも出来るはずだ。

 (現に 以前三菱自工が行った燃費偽装は OEMでの受け入れ先である日産

 の社内検査で判明している)

 

 そして そのような問題の最たるものが 昨年世間を騒がせたエアバック問題

である。

 

本来自動車の装着し その長期にわたる信頼性等を確認するには莫大な費用と

それらの設備が必要になる。タカタは大企業では有るが 自動車メーカーに比較

すると規模は小さく 又自動車そのものを作っていないのでその試験には制約が

ある それを行えるのは自動車メーカーであろう。 当然 自動車メーカーはタカタ

のエアバックを使用する義務は持たずそれを採用しない選択肢を持っていたし 

それらの試験を行う義務は当然有ったはずである。にも関わらず 死傷者が出る

段階に至っても自身の責任はおいてタカタの問題とした。更に マスコミも同様に

本来消費者に販売していた自動車会社の問題として報道せず

   「タカタのエアバック問題」

と取り扱った。

 これでは 自動車メーカーとマスコミは共犯である

 

 結局 タカタは破綻した。

 

 また 先程書いた企業間のルールを定め運用させようとしているのがISOと

呼ばれる規格である。これらを大企業もこぞって取り入れ所謂下請け・取引先

にもその導入を要請した。大企業に努めていたOBらが 認証機関と呼ばれる

組織に実質的な天下りをし 大企業より経営基盤の弱い下請け・取引先にその

導入指導をし監査呼ばれる行為を行い ある意味お金をむしり取っていった。

 監査においては 例えば その会社が物を含めてすべてのを仕入れる時には

その相手先に監査を行い適切な価格・品質が維持できているか確認せよとは言

うが 監査というサービスを売りつける認証機関そのものを監査せよとは一切

いわなかった。

 

 結局 日産もスバルもISOの認証を取り消されたようだが この場合その

認証を与えた審査機関そのものが資格停止になるべき問題で有るはずなのに。

 日産が スバルが ISO認証を持っているからと信頼して車を買った人が

もし世の中にいるのであれば ぜひ その認証機関を訴えるべきだと思う。

 

 結局 すべて大企業の思惑 そしてそこから多額の報酬を得るマスコミの

怠惰により これらの問題が引き起こされるのである。

 (東芝が サザエさんのスポンサーを降りたと話題になったが もし正義

  の心がマスコミに有るのであれば不正経理問題が発覚した時にTV局側

  から 国民的アニメホームドラマのスポンサーにふさわしくないと切る

  必要が有ったのではないか??)

 

そして 損をするのは 中小零細企業や一般消費者である。大企業に属する

人たちは その規模に応じた世間に対する「大責任が有る」 ということを

自覚するべきである。

« なぜに飽きないのか ?? 世界にはでていかないのか? No2305 | トップページ | 小生よりは少し年下だったと記憶しています。 No2307 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故 企業不祥事が続くのか??  大企業の問題?  No2306:

« なぜに飽きないのか ?? 世界にはでていかないのか? No2305 | トップページ | 小生よりは少し年下だったと記憶しています。 No2307 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK