新ブログです

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« デスクトップヒープが不足  恐恐registryをいじる No2327 | トップページ | 結局RAMディスクを諦めました。   No2329 »

2017年12月16日 (土)

??これってそもそも 日本で形成されたものでは?  No2328

 これは知られたことでも有るが 金融市場で取引される「先物取り引き」と

言う形態は日本発祥である。 江戸時代にすでに今では世界中に広がった

この形の取引が農作物(特に米)行われていた。

 

 そして、物を作るということでも昭和の時代 日本が高度経済成長を遂げた

要因でも有るのだが 専門的部門集団がそれぞれ特異の分野でその能力を

発揮して指導的役割を果たすものを中心に高度な製品を作り上げるシステム

が東京や大阪のごく周辺地域に形成された。

 今でこそ サプライチェーンマネジメント(SCM)という様な洒落た言葉で書か

れたりするが 要は中小零細企業の親方たちが指導的役割を果たす人が簡単

な指示を出すだけで その意図を完全に理解し高度な製造物に仕上げる離れ業

を日常茶飯事に行っていたのである。

 

   (14日に最終回が放映された ドクタ-Xの 7日放映分第9話では

   そういう中小零細企業の親方を 大友康平氏が演じていた。自身の娘

   の為に 大門未知子から渡された下手な絵より 高度な精密ねじ切り

   マシンを作り上げ娘の手術を成功させた というストーリーである)

 

 SCMは何も新しい考え方ではなく もう50年以上前から 東京の大田区

大阪の 八尾・東大阪市地域他でその機能を十分に発揮し日本・世界に優れ

た製品を供給し続けた、ある意味その時指導的役割を豊富な資金力で演じて

更に大きく成長したのが ソニーであり パナソニックで有った。

 

 但し その形は21世紀になりより巨大になり世界中にもっと多くの製品を

供給していく必要に迫られたが 日本国内でそれは50年を経て世代交代や

資金力の問題 そして指導的役割を果たしていた企業の勘違い(自身が全て

の製品を作り上げているかの錯覚)等により規模を拡大することが出来ずに

台湾・中国の同様な形態の企業に取って代わられる EMSと呼ばれる企業

とファブレスと呼ばれる企業に・・・・・・・・・

 

 それを書いた記事が ニューズウイークに出ていた。

 

  日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制する理由

 Screenshot20171215

 かつて 大田区や八尾・東大阪が担った役割を 今中国のシンセンなどが

担っているのだという。記事から引用すると

 

  最も付加価値が低い中央部分、つまり組み立てを外注することで、

  メーカー側は高付加価値の分野にのみ専念できる。一方、組み立て

  を担当するEMSは複数の企業から膨大な注文を確保し、薄利多売で

  利益を確保する。一社で全ての工程を担えば全体の利益率が低下す

  るが、分業すればそれぞれで利益を確保できるという仕組みだ

 

 まさにこれはかつて大田区や八尾・東大阪の中小零細企業が担当していた

役割そのものである。

 

 だが 果たしてこの形態が何時まで続くのか??

 

かつて日本でもそうであったし 今の中国でもそうなのだがこの形態には

大きな欠点がある。これも記事からの引用になるが この図である。

Magsr171214chart2

 スマイルカーブと言われるそうだが ものづくりでは最初と最後が一番

利益率が高く 中央部の実製造を担当する部分が一番低くなる。この場合

最初は良いのだが 時とともに物を製造する為の設備更新資金がが中央

部分で枯渇しだすのだ 本来このカーブがフラットであれば有るほどその

寿命が長くなると小生は考える しかし現状では この製造もであるでは

最初か最後の企業がそれを完全に理解し 中央部の企業に手厚い補助を

しない限りは設備更新ができなくなり時代に取り残されるのである。

 

 記事ではそれを宿命と書いていたが 小生はそれは変えられるのでは?

と考えたい。出来うるならそれを日本で。何らかのきっかけさえあれば。

 

 そうすれば この先中国とでも勝負ができるのでは???

 

 但し それには最初と最後の企業の考え方が変わらないければ????

これが非常に厄介である。

« デスクトップヒープが不足  恐恐registryをいじる No2327 | トップページ | 結局RAMディスクを諦めました。   No2329 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ??これってそもそも 日本で形成されたものでは?  No2328:

« デスクトップヒープが不足  恐恐registryをいじる No2327 | トップページ | 結局RAMディスクを諦めました。   No2329 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK