新ブログです

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« オーブントースターと大発会に思う  デフレ脱却は   No2348 | トップページ | 少しグロッキー  って 飲み過ぎです。  No2350 »

2018年1月 6日 (土)

EV車  果たして??   No2349

 本ブログの愛読者の皆様だとご承知かも知れないが 小生EV車への転換は

今マスコミ等で言われている 或いはイギリス・フランスが言うように2040年

に全面的と言うのは すこし懐疑的である。

Screenshot201815_google    

 一種のブーム 政治的に思惑等が絡んでどうも先走りしているように思うの

だが それと同様な意見記事が 読売に少し前に出ていた。

  

   究極のエコカー?EVは矛盾を乗り越えられるか

  

 記事を見ていただければよく分かると思うが 要約すると

 

  1,欧州各国でCO2削減に効果があると言われていたディーゼル車が

    不正問題等で信頼を失ったこと

 

  2、2021年から適用されるCO2排出量規制では、PHVが有利となる様

    に法規制がされていること

 

  3、その方に適合するべく欧州メーカーが送り出している車は法の基準

    を満たすことが目的のようなある意味まやかし的な車であること。

   

  4、HV車技術は日本が先行している 又エンジン社でもマツダの技術

    が抜きん出ていること

  

  5、欧州各国も中国もCO2削減という旗のもと実は自国産業保護がその

    目的では?と思えること

 

  6、EV車が本当に普及した場合CO2を出す火力発電所を増設する必要

    がある事

  

などである。

  

 上記の記事では 今の欧州各国・マスコミの思惑でEV車が普及すると多分

どこかのタイミングでその普及を抑制する必要まであると指摘している。

 

現状の日本で 原子力発電所を作ることはまずありえないであろう。そして今

有る原発も2040年には殆どが稼働が停止するであろうから EV車に充電

する電力を如何に得るかが大問題にあろう。

 記事では 電力を再生可能エネルギーで得て 余った場合は捨てる?という

事が必要ではとさえ。。。(どうやって捨てるのか?? 風力発電所に電気を

送り巨大扇風機にするのだろうか)

 

 出来ることなら マスコミもこういう意見を正確に聞き入れ未来がどう有る

べきかを科学的に論じていただきたいのであるが。。。。。。。。。。。。

 

« オーブントースターと大発会に思う  デフレ脱却は   No2348 | トップページ | 少しグロッキー  って 飲み過ぎです。  No2350 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EV車  果たして??   No2349:

« オーブントースターと大発会に思う  デフレ脱却は   No2348 | トップページ | 少しグロッキー  って 飲み過ぎです。  No2350 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK