新ブログです

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 大阪感というよりも 近鉄感が。。。。  ManHunt  No2386 | トップページ | どうも裁判そのものがおかしいようにみえるのですが?  No2388 »

2018年2月13日 (火)

今そそられているのは 実は「ラジオ」なんです。BCL  No2387

 現在50歳以上の人は こんなCMコピーを覚えているだろうか??

 

  ラジオオーストラリアはワライカワセミの鳴き声で始まる・・・・

 

 丁度小生が中学生から高校生の時代 流行していたものに「BCL」と呼ば

れるラジオを楽しむものが有った。ラジオと言ってもAM・FM放送ではない。

短波(SW)放送である。

 当時はBBC(イギリス)・ABC(オーストラリア)・VOA(アメリカ)等が短波で

各国語の放送を流していて日本語放送も有った。

    (逆にNHKも当時はSWで 外国語放送をしていた)

それを 自宅のラジオで聞き楽しむというものである。放送を聞いた旨お手紙

を出すと お礼にベリカードと呼ばれるきれいなはがきでの返信をくれるので

それを集めるというのも有った。

 

その流行に日本のエレクトロニクスメーカーが目をつけBCL専用と呼ばれる

メカニカルなデザインのラジオを販売していた。

 小生的に一番記憶に鮮明に残っているのは

   SONY スカイセンサー5900(1975年発売)である。

Screenshot2018212_icf5900_google

当時はまだアナログの時代でラジオを聞くにはチューニングダイヤルを回して

周波数を合わせる必要があった。BCL用のラジオはそのダイヤルを大型化し

更にはサブチューニングダイヤルを設置したりして細かい受信周波数調整が

出来るようにしたものである。

スカイセンサー5900は電気回路的にはダブルスーパーヘテロダインなる方式

でかなり周波数安定度が高く 更にメインチューニングダイアルは従来の糸掛け

式ダイヤルをやめオールギアドライブを使用して表示周波数のズレは小さくして

いた。更に、250kHzステップのクリスタルマーカーと±130kHz可変のスプレッド

ダイアルの組み合わせによって、受信周波数をkHzの単位まで指定して受信す

るいわゆる 待受受信(予め周波数を合わせていて放送が始まるのを待つ)が

出来た。

(デジタル化されている今なら当たり前の機能なのだが当時では画期的な機能)

 

小生にとっても憧れのマシンであったが 当時の販売価格27,800-はとてもでは

ないが買える代物ではなかった。

父の仕事の関係で安く手に入れた SHAR Z-3000(FY-73J) 17,580-で無理矢理

とにかく大きなアンテナをつなぎノイズの中でSW放送を聞いていた記憶がある。

Z-3000はいわゆるBCLラジオではなかったが とにかくラジオは装置よりアンテナ

でそこをなんとかすれば結構聞こえるものなのである。

Screenshot2018212_sharp_fy73j_googl

一度VOAで小生のはがきが読まれたことが有るのだが懐かしい思い出である

 

 その後BCLラジオは急速にデジタル化したのだが 価格も急上昇した

更にデジタル化の段階でSONYよりナショナル(松下=パナソニック)の方が

開発が早く人気が移っていたような??(価格も松下のほうが安かった)

プロシードRF-2800(松下)1977年5月発売49,800-

Screenshot2018212_rf2800_google

ICF-6800(SONY)1977年7月発売79,800-

Screenshot2018212_icf6800_google

 流石に裕福な過程の子供さんでも79,800-はいかにも高い。

デジタル機はチューニングダイアルを回して(しかも繊細に少しづつ)受信すると

いうある意味BCLの醍醐味を奪ってしまった感が有るのかもしれない。

 

今でも BCL用ラジオそのメカニカルなデザインは良いのではと思ってしまうのは

小生だけだろうか?。

 

残念なことに その後は各国の日本語放送もなくなっていき

 ABCは1990年12月31日で

 BBCは1991年3月30日で(BBCはビックベンの音で放送が始まる)

終了している。

 

 今でも日本語放送を行っているラジオ局もあるには有るが 中には

    朝鮮の声/The Voice of Korea

みたいに途中で暗号コードなるものが聞けたり(一説によると日本在中の

スパイへの司令であるとか??)何ていうのも有るようだ。

   HTML5最強(笑)の海外日本語放送スケジュール

 

ヤフオクで上のラジオを入手しようかなと物色している今日此の頃であり

ます。

« 大阪感というよりも 近鉄感が。。。。  ManHunt  No2386 | トップページ | どうも裁判そのものがおかしいようにみえるのですが?  No2388 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今そそられているのは 実は「ラジオ」なんです。BCL  No2387:

« 大阪感というよりも 近鉄感が。。。。  ManHunt  No2386 | トップページ | どうも裁判そのものがおかしいようにみえるのですが?  No2388 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK