新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« これが事実なら由々しき問題である    No2417 | トップページ | 密かな抵抗の後で  たまには?? 良いでしょ  No2419 »

2018年3月16日 (金)

時の流れは早いもので  昔と違う トイザらス  成田空港 No2418

 アメリカの大手玩具販売チェーン トイザらス すでに昨年本国アメリカ

では経営破綻しているのであるが、ついに全米の店舗が閉鎖されるらしい。

 

  トイザラスが米国事業清算へ=全735店閉鎖、再建困難

 

単に AMAZON他の通販との戦いに敗れたのが原因 だとされているが?。

小生 以前勘違いして書いていたかもしれない。

 トイザらス 日本上陸時 日本2号店である奈良 橿原店のオープニングに

は時のアメリカ大統領が来ているのだが それをロナルド・レーガン大統領と

していたかもしれない。実際は ジョージ・H・W・ブッシュ大統領である。

 当時は究極のトップセールスと呼ばれていたのだが?その本国店舗が経営

破綻し 債権も難しいとの理由で全店舗閉鎖とは。

 まさに今は昔 隔世の感が有る。

 

 因みに 日本のトイザらスは米国資本とはすでに異なっており安泰だそうだ。

小生の愛する奥様は 極超豆台風が到来した折には近所のトイザらスにでかけ

て時間を潰すのが多いとも。。。

 

 

 昔と違うということでは 成田空港も。

 

  成田空港の発着時間拡大に地元同意 1日19時間半に

  

 設置時のすさまじい反対闘争を覚えている人から見れば、これ又隔世の感で

あろう。羽田空港再国際化の影響や航空機そのものの進歩で航空機からの騒音

がかなり減ったことも有るのだろうが 地元が拡大を受け入れるというのは?

 

 (同様なケースは伊丹空港でも起こっている 森友学園騒動の土地も昔の

  レベルで航空機が騒音を巻き散らかしていてはとても学校の建設で許可

  がおりる状況ではなかったはずだ)

 

ところで この報道を呼んでいて おや?? と思ったことが。

 

小生の記憶では 確か成田空港 滑走路3本の計画は当初こうだったはず

 1280pxsvg  

 3本目のC滑走路横風用として設置されるはずだった。

ところが 今回報道されている3本目の滑走路は横風用ではなく 現行の

B滑走路 と離れて同方向の こういう形だそうだ。

  

Screenshot2018314   

  

これは 飛行機の騒音エリアの減少や土地取得の問題等長い間の積み重ねで

変化してきたのかもしれないが、気になるのは当初案より滑走路がターミナル

よりかなり離れている点である。

  

 皆さんも経験したことがあるかもしれない。旅客機がエプロンを離れて地上

をタキシングするのが異様に長い時を。

ターミナルと滑走路の位置関係によっては 5km程度をタキシングする場合

も有る(外国の広い空港ではもっと長い距離も有る)。これって結構イライラ

する。航空機が遅れていて着陸後延々とタキシングを続けエプロンにつかない

時など 怒鳴りたくなる人もいるかもしれない。

滑走路の使い方や管制官のセンスにもよるのだろうが 拡大後の成田空港は

どうなるのか??

 

 小生的には 当初案のほうがコンパクトで使い勝手がいいように思うが?

確かに 横風用の方向の違う滑走路を設定した場合 航路が増え 騒音対策が

広範囲に及ぶという事は有るだろうが。

« これが事実なら由々しき問題である    No2417 | トップページ | 密かな抵抗の後で  たまには?? 良いでしょ  No2419 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« これが事実なら由々しき問題である    No2417 | トップページ | 密かな抵抗の後で  たまには?? 良いでしょ  No2419 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK